LOG IN

復 活 🏍

by kumami

私の人生にまたバイクが戻ってきた

とはいってもほんの数時間だったけど

ハラハラドキドキしながらも安全な場所でベテランの指導者がたくさん付いて

かなりの年齢差のある参加者たちの中で浮いてる自覚のないまま

心はあの頃のままのようにちんまりと椅子に座って開催を待って

細かい操作はあの頃も今もできないままだけど

瞬間50キロくらいまで出せて

身体とバイクと一瞬だけでも一体感を感じられて

あー旅したっけなぁ走ってたっけなぁいつまでもどこまでも

毎日毎日転んでも痣ができても辛くても乗りたくてしょうがなかったっけなぁ

そんな思いが走馬灯のように蘇ってきて

同じ思いを共有する人がたまらなくほしかったけど周りを見渡しても

なんだか雰囲気があの時代の私たちとは違っていて

見た目がみんなカッコよくてお洒落で泥臭い旅とは無縁のようで

ひとり地味でくたびれててことあるごとにトイレに立ち上がる私は

気が付くと浮いていたりして

先生たちは個性的で好きなことにかかわる人独特の雰囲気があって

もっとゆっくり個人的に話がしてみたい人ばかりだった

ブレーキングとコーナリングを褒めてもらった

だけど半クラッチのUターンはボロボロで疲れて脱落

あの頃もちっとも練習せずできないまま旅をしていたんだっけ

あーまた乗れるといいなぁ

今度は単独ではなくて気の合う人と一緒がいいかな

私、寂しいのかなぁ???

それにしてもまた乗れて良かったなぁ

変な疲れも残らなかったし

心配してた腰も痛まず

外反母趾痛だけは仕方がないけど練習中は気にならず

迎えに来てくれたタクシーの運転手さんも無事を喜んでくれて

せっかくだから近くの神社まで行ってもらった

方位は西南、月一白と日四緑でばっちりグッドなはずだったけど

残念ながら日破殺

そのせいかツーリングのコースにチラッと誘われたけど私の中からGOサイン出ず

帰りにメーカーさんの車で送ってくれる話もタクシーが来る時間になってたのでお断りせざるを得ず

トイレには可愛い小さな蛇がドアに頭を挟まれてご臨終してて

友達できるといいなと淡い希望を抱いたものの叶わず

それらはみんな日破の影響が出たのかなと帰宅後思ったりして

とはいっても念願かなって晴天に恵まれケガなどなく無事帰宅

それだけでも十分だと思わないと

さあて、次の目標は何にしようかな

まずは前に進んだ自分を褒めてあげようと思う✨

★写真はどちらも昔の私

怖いものをあまり知らず行き先もわからないまま家を飛び出していつまでも帰らなかった私

OTHER SNAPS