LOG IN

真夜中の思い

by kumami

夕べ、いろいろな事情で、眠いのに眠りたくなく、ネットの世界を夜中ウロウロしていた。

ふと、もしまたバイクがあったなら、もっと自由に、たとえば故郷の海の写真を撮りに行ったりできるのになどと思った。

現実には3%くらいしか可能性がないのだけど、もし買うとしたらどんなバイクにしようかな、なんて、今現在販売されているバイクを調べてみたりした。

だけど、時代がそうではないのか、少なくとも新車の中には、わたしの好みのバイクはみつからなかった。

昔、バイクで旅をする人たちが乗っていたような、旅心をくすぐられる、魂をもっていかれるような、そんなバイクには出会えなかった。

唯一ちょっぴり心を惹かれたのは、ホンダのスーパーカブ。

あれは、すごくいいバイクだと、二回しか乗ったことがないけど、そう思う。

背景の写真は、やはりずっとずっと昔、バイクで仙台新港に行った時の写真だ。

二枚目の写真は、作業船の前で写したものだ。

夜だって、バイクと一緒なら、そんな場所でも一人で平気だった。

ああ、新年早々、また過去に想いを馳せてしまっている。

いや、過去の想いがずっとずっと続いているってことかな。

まだ果せていない何か、果たすべき何かがあるってことかな。

写真のネタ切れのためもあるけど、偶然バイクネタから始まった今年。

今現在乗ってないけど、乗る者として生き続けたい自分がここにいる。

たとえそれがチャリンコであっても。

真冬のツーリングはつらいけど、エンジンで手を暖める感覚、がちがちに冷えきった身体でお風呂に入り、氷が解けていくように身体が温まっていく幸福な感覚、ささやかな食事の涙が出るほどのおいしさなど、忘れられない思いが蘇る。

さて、今夜はちょっと早めに眠ろうかな。

本でも読みながら。

いい夢を見ましょう、おやすみなさい。

★カメラはオリンパスOM1だったと思います。ネガかポジどっちだったかなぁ・・・

OTHER SNAPS