LOG IN

一目千本桜を見てきました

by kumami

2018年4月5日(木)、晴れ。「白石川提一目千本桜(ひとめせんぼんざくら)」を見に行ってきました。例年よりずっと早い開花で、ほぼ満開でした。一目千本桜は、宮城県の大河原町と柴田町の白石川沿いに、約8キロにわたって植えられた桜並木で、地元出身の高山開治郎さんが大正12年に植えたのが始まりで、現在は1000本を超えているそうです。

頑張って早起きして、JR仙台駅から東北本線の上り始発列車に乗車、船岡駅で下車。一般的には大河原駅から歩く人が多いようですが、船岡駅から白石川下流には日本一と言われる染井吉野があり、そちらは人出も少ないのでゆっくり歩きたい人には、船岡駅方面から大河原駅方面へ南岸を歩くのがおすすめです。朝日を背に、前方に蔵王を見ながら歩けるコースでもあります。

JR船岡駅→日本一の染井吉野→JR船岡駅方面→JR大河原駅方面→甲子(きのえね)大黒天神社。この道のりを、高齢の母らと一緒に、ほぼ3時間半かけてゆっくり歩きました。では、お腹いっぱい桜と蔵王連峰をどうぞ。

午前6時40分頃。船岡駅から日本一の染井吉野へ向かいます。

↓が日本一の染井吉野。

日本一の染井吉野から、再び船岡駅方面へ。

蔵王連峰が見えてきます。

↓左手の丘は船岡城址。

このあたりが絶景スポットとして有名らしいのですが、なかなかうまく撮れません。カメラマンさんたちは、何かのタイミングをずっと待っているようでした。川面に蔵王と桜が映るのを待ってたのかな?船?

今回の私たちのお花見終点、甲子大黒天神社隣の公園。トイレあり。ペーパーもあり。ありがたい。

甲子大黒天神社境内には、たくさんの神様がまつられていました。狛犬?が個性的でした。ネズミ?イノシシ?

ここまでで10時半くらい。途中、桜祭り会場で玉コンニャクを食べて一休み。公園でトイレを借りて神社をお参りし、お腹がすいたので大河原駅へ戻りお店探し。駅からはどんどんお花見の人が歩いてきました。早起きして正解でした。ちょっと駅から離れた地元の中華料理店で、まずまず?の昼食を取り、大河原駅から仙台へ戻りました。普通列車は通勤時間帯を除いて、一目千本桜の見える場所で徐行運転をしていました。

★場所の情報など

白石川提一目千本桜:宮城県柴田郡大河原町・宮城県柴田郡柴田町

カメラはCanon PowerShot SX150IS

方位は私にとって西南、月九紫、日四緑の吉。無意識に、お昼にはエビ焼きそばを食べました。(家族にも日で吉)

大河原町公式サイト:http://www.town.ogawara.miyagi.jp/

柴田町公式サイト:http://www.skbk.or.jp/sakura/

OTHER SNAPS