LOG IN

広瀬川~♪

by kumami

2018年2月20日、風の強い晴天。

仙台の広瀬川が見えるところまで、散歩に行った。

昔、この川を歌った地元の歌手の曲がヒットした。

でも、あんまりビジュアル的に美しいというわけではない。

写真にしても、ああいいなあ、という写真はなかなか撮れない。

特に私のような素人には難しい。

川へ向かう手前に西公園があって、その一角に櫻岡大神宮がある。

天気がいいのに浮かない気持ちだったので、お参りさせてもらった。

大神宮という名のわりには、とても小ぢんまりとした神社だ。

伊達政宗公によって伊勢神宮から分霊を勧請したのが始まりとのこと。

なんと、16柱もの祭神が祀られているそうで、願い事は何でもOKな雰囲気。

このマイナス気分に負けずに前に向かって進んでいけますようにとお願いした。

神社の隣には源吾茶屋という茶店があって、蕎麦や美味しい餅が食べられる。

店の横には猫がたくさん日向ぼっこしていて、青年が一生懸命写真を撮っていた。

桜の季節ににぎわう公園の広場には太陽の光が満ちていた。

強めの風の中、広場を横切って広瀬川にかかる大橋へ向かう。

私の前を、母親の年齢くらいの女性がゆっくりと歩いていく。

足腰が丈夫だったころ、母もあんな風に一人で散歩をしていたのかなと思う。

たくさんの悩みを抱えながら、たった一人で。

川面に水鳥の群れが舞い降りた。

写真を撮ったけれど、水量の少ない濁った流ればかりに目が行ってしまう。

あんなに雪が降ったのに、雪解け水はまだ流れてこないらしい。

大橋を渡って西側は博物館や東北大のキャンパスのある山。

橋の東側はビルの林立する街。

写真を見るとかなり田舎の風景に見えるけど、橋のこちら側はビルだらけだ。

写真を撮りに行きたいと思っても、どこへ行ったら・・・とテンションが上がらない街。

それは、私にとってだけの気分なのか、誰にとってもそうなのか。

そんなふうなこの街がいやで、遠くへと理想を求めた若い頃。

まんまとこの街を離れて暮らすことになったものの、また舞い戻ってしまった。

冬という季節もあり、寂しげな風景の中で、期待せずに何かを探す私がいた。

ブレッソンのような人なら、このつまらない風景の中からきっと何か感動的なものを見つけるのだろうなと思いながら。

★場所の情報など

櫻岡大神宮:宮城県仙台市青葉区桜ケ岡公園1−1

ホームページ:http://www.hat.hi-ho.ne.jp/sakuragaoka/

カメラは神社がオリンパスμ、川がCanon PowerShot SX150IS。

方位としては、私にとって日のみの吉で、西北の九紫。

OTHER SNAPS