LOG IN

大崎八幡宮 節分祭

by kumami

2018年2月3日(土)。今日は節分ということで、仙台市の大崎八幡宮へ行ってきました。行事が始まるのは午後3時からの予定。現地へ到着したのが午後2時30分。土曜日なのに、想像していたより人がいませんでした。お詣りして、ゆっくり境内で待ちます。

赤鬼さんと青鬼さんが、お詣りの人の接待をしていました。まだまだ人出が少ないです。開始30分前。

社殿にはお詣りの人の列ができ始めました。午後2時40分頃。境内のぬかるんだ土の上に立ちすくみ、豆まきが始まるまで待つ間、考えるんです。写真に徹するべきか、豆に燃えるか。撮るならここから動かない方がいいかも。しかし、もうすぐ豆まきが始まりますとのアナウンスが流れると、無意識に前に進んでました。

午後3時を過ぎ、大太鼓の音が鳴り響き、神主さんが社殿に入りました。それからしばらく社殿の中で神事が行われ、外には音が聞こえてくるばかり。ひたすら寒さに耐えながら待ちます。豆まきは、正式には追儺(ついな)の行事というそうです。待つのに飽きたころ、午後3時30分、ようやく豆まきが始まりました。

カメラの設定がやっぱりおかしいのかな・・・槍のように降る豆。顔にあたるとけっこう痛いんです、これが。いてっ、と言いながら顔は笑ってます。あちらこちらから笑い声が聞こえてきて、皆さん楽しそうでした。寒さに負けず、やっぱり来て良かったなと思うんです、そんなとき。

これが正解ですね。人にあたっても痛くない、音がしない、布の袋が良さそうです。

午後4時。こちらがイベントとしてメインの豆まき会場です。既にこれだけの人が陣取っていました。こちらでは福引きくじ付きのボールや景品、パンなどが撒かれます。皆さん必死ですが、撒く方も拾う方も笑いが絶えませんでした。

待っている間は寒いし、暇だし、何しとんねん私・・・という感じになりましたが、始まると一瞬ではありますが、とても楽しい雰囲気に包まれます。大崎八幡宮の豆まきの良いところは、前列には子ども達が優先で入れることと、小さいお子さんと高齢の方は整理券と引き換えに豆や景品を貰えるらしいことです。

社殿の豆まきで、開け放っておいたバッグとコートのフードに入っていた豆。家に帰ってから着替えるときにポロポロとコートから落下。あんパンは神さまからの贈り物です。写真に徹しようとカメラを構えようとしていたら、何人かの手にはじかれて私の胸元にすっと飛び込んできたあんパン。神さまありがとう♡

こういう行事や祭りは、興味があったら行ってみられると良いと思います。誰かと一緒でも、一人でも、思いのほか楽しかったりしますから。タダですし。

見て下さった皆様にも、幸福が訪れますように(^_-)-☆

★場所の情報など

大崎八幡宮:宮城県仙台市青葉区八幡4丁目6-1

カメラはCanon PowerShot SX150IS

方位は日のみ吉

OTHER SNAPS