LOG IN

泣けた写真集の話

by kumami

今夜はがらりと趣を変えて、過去の想い出を綴ろうと思います。

なぜか、とある写真集のことを久しぶりに思い出したので。

一生忘れることはないだろうと思う、写真集の話です。

もう何年も前に、出会いたかった人に出会いました。

小さな船で、伊豆のとある島に旅をした時の船長でした。

恋愛とかそういうのではなく、いろんなことを教えてもらいたいと思える人でした。

そして一緒にいるだけで楽しい気持ちになれた人。

旅から帰って数日後。

船長との再会を楽しみに、島での出来事を思い出しながら仕事を頑張ってました。

そんなとき、訃報を耳にしたのです。事故でした。

それからずっと、毎日、仕事の時間も家にいるときも泣けて仕方ありませんでした。

人に話しても時間が経過しても気持ちのやり場に困り、泣くかぼんやりしている日々。

救いを求めて、気持ちを変えてくれそうな本を探しに図書館へ行きました。

そこで、何気なく手に取った写真集をゆっくりめくって見ているうちに、涙がこぼれ落ちました。

借りて帰って、一枚一枚の写真を時間をかけて見つめながら、ぼろぼろと涙をこぼして泣きました。

一晩中そんな風に過ごし、次の夜もまた次の夜もそんな風に写真集をめくっては泣きました。

そうしているうちに心が少しずつ軽くなっていきました。

たまたま心が弱っているときに出会った写真集だから、ということもあるかもしれません。

だけど、本棚にびっしり並んでいた他の写真集には、心を動かされることはありませんでした。

その写真集の名前は

『月の道 』

写真家は、雑賀裕二氏

すべてモノクロで、軍艦島を月明かりだけで撮影した写真だそうです。

高くて買えない・・・なんて思っていたら、残念ながら絶版となっていました。

でも、雑賀氏のホームページでその写真を見ることができます。ありがたいことです。

軍艦島は知っている人は知っていると思うのですが、長崎県にある小さな島で、正式には端島といいます。

地図、載せておきますね。

★場所の情報など

一枚目と三枚目は、神奈川県の茅ヶ崎海岸で撮影した写真です。(オリンパスμ)

二枚目は、今住んでいるところの窓から写した月と星です。(Canon PowerShot SX150IS)

OTHER SNAPS