LOG IN

過去の旅から 上海・杭州 続き

by kumami

それぞれの場所の情報の記録がありませんが、7年前の上海・杭州の観光地の様子です。集団行動は慌ただしく、あまりいい写真が撮れませんでした。素敵な場所はたくさんあったんですけどね。もっとゆっくり歩きたかったです。

中国へ行こうと決心したきっかけは、ツアー代金の安さだけではありません。その頃、ネットの動画で「三国演義」「水滸伝」「西遊記」などの中国ドラマにはまり込んでいたからです。あまりにも面白くて、今までの漠然とした中国への偏見を取り払うだけの魅力がありました。諸葛孔明が大好きになり、好漢に憧れ、中国という国への興味が高まっていたのです。

赤色の使い方がとても上手な国だと思います。元気の出る色ですね。きれいなものが本当に好きなお国なのではないでしょうか。素晴らしい文化芸術の多くは、歴史的に失われたものも多かったのだろうとは思いますが。鮮やかな赤い光を見ているだけで、運も上昇しそうな気がしてきます。

古いものと新しいものが混在していて、なんともいい具合にお洒落でした。なんて言えるのは観光客だからなのでしょう。富裕層もいれば、生活のきつい人たちもまだたくさんいたはずです。空港では荷物を狙う視線をいくつも感じました。

柔らかい木漏れ日が、とても心地よさそうな場所で、心が癒されました。風水的に優れた街づくりがなされているのではないかと思います。水の濁りは気になりますが。許されるなら、心行くまでぼんやりと橋の欄干に腰かけていたかったです。

雨もまた、風情があるものだと思います。遠くかすむ風景も大好きです。諸葛孔明や好漢には出会えませんでしたし、食事の時間がちょっとストレスでしたが、とても良い旅が出来ました。今、その国を離れて日本で暮らしている中国人が、私の身近だけでも何人もいます。日本は食べ物もおいしいし、自分の国より好きだと言います。私の知らない、いろいろな事情があるのだろうと思います。

上海博物館では写真撮影禁止ではありませんでした。今はどうかわかりませんが。

一目ぼれしました♡美形。

★場所の情報など

上海・杭州:中華人民共和国

私と友人にとっての方位:西。年一白月四緑。

カメラはオリンパスμ。

OTHER SNAPS