LOG IN

2017年9月 世界遺産平泉への旅

by kumami

2017年9月15日、私にとって吉方の北東、世界遺産平泉へ行ってきました。2泊3日の旅でした。(最初に言ってしまいますが、旅も写真も地味めです)朝からミサイル、台風のニュースで始まった一日でした。

1日目は午前中平泉に着き、毛越寺へ。巡回バスで移動して中尊寺へ。再び巡回バスで悠久の湯へ。宿は水沢のビジネスホテルです。写真は少し多めなので小さくしてあります。クリックすると拡大します。

今年の夏の悪天候に負けず、稲が穂を垂れていました。平泉駅から真っ直ぐに10分弱歩いて行くと、毛越寺の門が見えてきます。右の写真の右側は観自在王院跡なのですが、16日の夜に海老蔵歌舞伎があるので、舞台設置中でした。

吉方への旅は、初めて行く場所が良いのですが、平泉には何度も行っています。予算の都合と、私にとって年月の吉方である北東に行きたい場所が他になかったためもあり、平泉を選びました。宿だけは、初めての街、水沢に2泊しました。

毛越寺は、ちょうど15日から萩まつりが始まったのですが、あまり華やかな感じではありませんでした。

平泉を選んだ理由はもう一つあります。衝動的に、世界遺産劇場「市川海老蔵 平泉歌舞伎」を見に行こう!と、チケットを購入していたからです。そのパンフレットから、平泉についての文章を抜粋しておきます。

「主催者挨拶」より抜粋

“平泉には、京都や奈良のような華やかさはありません。~しかし、豊かな自然が、来る人の心を解放します。”

毛越寺の大泉が池です。何度か行っている記憶からすると、天気にもよりますが、ここは午前中より午後、夕日の頃の方が光が美しいかも、と思います。紅葉の頃がお勧めかもしれません。萩は質素でした。そこがいいのかな。

開山堂。堂内をのぞくと慈覚大師がいらっしゃいます。

順路からそれたところに萩が群生していました。近寄ると、小さな黄色い蝶が群れ飛んでいました。寺社での虫や動物などの生き物との出会いは歓迎の印らしいです。(桜井識子さんのブログや書籍参照)

常行堂。右写真の右の提灯?だけ揺れているのはなぜなんでしょう。本尊は宝冠阿弥陀如来。

常行堂前の木漏れ日と仏さま。大泉が池をはさんで対岸に本堂があるのですが、そちらから、おばちゃんたちの大声と笑い声が響いてきました。うるさーと思ったのですが「楽しいわぁ~」という言葉を聞き、まあ、いいか、そんなに楽しいなら良かったね、と許す気持ちになりました。

さて、次は150円の巡回バスで中尊寺へ向かいます。ホテルに戻ってから知ったのですが、毛越寺では花供養会があったらしいです。池の反対側でのんびりしていて見逃したみたいです。

中尊寺参道の月見坂を上っていくと、左手に少し高くなっているところへ続く脇道があります。上っていくと弁慶堂があります。ここはいつ行っても、風が吹いていて、カラフルな旗?がはためいています。さらに上っていくと薬師堂があります。中尊寺境内にはたくさんの小さなお堂があるのですが、今回は特に気になったところだけ写真を撮りました。

こちらは本堂です。本堂に近づくと、キラキラした人が目につきました。花嫁さんです。わかりますか?夢中になって、手水舎で手を清めるのを忘れてしまいましたが、お線香をあげたので煙で清められたということにしておきます。

結婚式なのかなと、しばらく待ちました。ご朱印などいただきながら。写真撮影のみのようでした。個人情報なのですが、おめでたいことでもあり掲載させていただきました。お顔には「寿」の字を入れて、わざとぼかしてあります。お幸せそうな笑顔でしたよ。このタイミングで参拝できたのもまた、仏様の歓迎の印と思われます。四緑、結婚の象意でしょうか。めったにあるタイミングではないです。

本堂近くの不動堂。こちらは、お不動様のパワーがかなり強いのか、いつ何度撮影してもボケボケ写真になってしまいます。中尊寺は世界遺産になってからかどうか、堂内の仏像が撮影禁止ではありません。とても開放的ですが、その分ありがたみも薄くなってしまうのでは、と思ったりもします。

本堂の隣の峯薬師堂。目に関するお願いをきいてくれるそうです。目を酷使しているわたしもお願いしてきました。

本堂から金色堂方面へ進むと、右手の高台に大日堂があります。気づかず通り過ぎる人が多いみたいでした。小さいお堂内の右側には、何でも願いをかなえてくれるというお地蔵様?があって、ふなっしーのような人形を買って供えるようになっていました。

金色堂入り口の向かい側にある、弁財天堂。ポケットに入れておいたお賽銭が切れてしまって、手を合わせるだけにしようと思ったのですが「いい写真が撮れて、見てくれた人に喜んでいただけますように」と願をかけたので、いったん出たのですが、そばのベンチで財布の中を探し、十円玉をみつけて再度お参りしました。力の強そうな満面の笑みの弁天様でした。

左から、金色堂入り口と白山神社、本堂横道の珍しい植物です。その日は気が向かず、金色堂の拝観はしませんでした。金運を逃したでしょうか。白山神社で茅の輪をくぐり、空腹を感じたので食事をする場所を探しながら下山。お別れのご挨拶に再度本堂を参拝する時に、珍しい植物を発見。キノコ?

白山神社から近いかんざん亭も見晴らしが良くてお勧めなのですが、行ったことのない月見坂の横にある義家というそば屋さんでとろろそばを食べました。千円ちょっと。さすがに少し高めでしょうか。美味しかったですけどね。

遅めの昼食を終え、再び巡回バスで平泉駅方面へもどり、乗り越して悠久の湯で下車。パワースポットともいわれる金鶏山麓にある日帰り温泉で、気をたっぷりいただくことにしました。大きな湯船一つと休憩室がある、質素な温泉施設です。地元の人が利用している感じでした。

つるつるのお湯にのんびり浸かり、座敷で横になってゆっくり休憩し、1時間半くらい過ごして平泉駅へ徒歩で向かいます。ここまでの行程で、約7時間です。毛越寺と中尊寺の参拝なら4時間程度とのことです。

観自在王院跡の舞鶴が池。鶴ならぬ白鷺がいました。ここは無料開放されている公園になっています。

駅へ向かうメイン道路を歩いていると、光りが強くなり、雲がくっきり見えてきました。この日は天気に恵まれ、風は秋めいていましたが半袖で快適でした。人出は、一か所ごとに一人になれる時間もありましたが、平日としてはほどほどの混み具合だったと思います。

2日目の午前中、水沢の街をちょっと歩き、偶然みつけた駒形神社を参拝。Zプラザアテルイ (まちの駅水沢)で買い物。その後中尊寺へ移動、悠久の湯で時間をつぶして、歌舞伎観賞。3日目は台風が近づいているので、早々に帰宅しました。

境内の写真がありませんが、駒形神社です。陸中国一之宮だそうです。その日一日どこへ行き何をしようか考えながら、朝食後に水沢の街を歩きました。ふと路地を見ると赤い提灯が。気になって行ってみると駒形神社がありました。何度もお参りしている塩釜神社が勧請さていて驚きました。呼ばれたのかもしれません。

その後、Zプラザアテルイで、お菓子ときれいな縞模様のナスを買い、歩き疲れてホテルへ戻り、お昼過ぎまでのんびり読書などして過ごしました。遅い昼食を駅舎内のそば屋でラーメンを食べ、電車で移動。再度悠久の湯でまったりし、観自在王院跡を眺めながら特設会場へ向かいます。夜は歌舞伎鑑賞です。

歌舞伎の写真はありません。撮影禁止なので。海老蔵さん、男前でしたが、まだ心の隙間がぽっかりと空いているのではないでしょうか。遠目に見てもオーラはあるのですが、気迫というか圧倒される何かは感じられなかった気がします。一番私が感動したのは、牛若丸の桃色の衣が風にはためいて、とても優雅で美しかったことです。屋外の舞台ならではですね。演じた市川福太郎は、初々しい美しさでした。

台風が心配でしたが、なんとか天気は持ちこたえ、雨にも降られず。ただ、肌寒かったです。

おまけ情報です。左上、毛越寺駐車場(バス停)の売店で売っている、弁慶のわらじ。漬物入りの珍しいパンです。ピザとかパニーニのような生地で、漬物は沢庵でしょうか、なかなか美味しいです。右上、悠久の湯の売店で売っている、クグロフ。ふわふわで、これまた美味しかったです。

左下、Zプラザアテルイで売っていた盛岡のお菓子。緑のお菓子はきなこを固めた感じのもの。赤い包みの方は柚餅子のようなお菓子。どちらもとても美味しいです。右下、有名な南部せんべい(クッキータイプではなく古いタイプの)を割って食べやすくした醤油味のおせんべいです。食べ始めると、やめられません。地元の食べ物も気をいただけるそうです。お土産に持って帰ると気を持って帰ることにもなるようです。

もう、ほんと、地味~な旅でした。歌舞伎はちょっと贅沢しましたが。旅というのは、嬉しい楽しいワクワクばかりではなく、侘び寂びだったり、トホホだったり、良いことばかりではないハプニングとか、思い出にも残らないようなほんのささやかな出会いだったり、そこにあるものをそのまま感じてくること、それでいいのかなと。シャッターの下りた店の多い水沢の、それでも暗くはない商店街を空腹でラーメン屋を探しながら思ったりしました。

水沢での印象は、何もない(自分の求めているもの、贅沢です)ですが、ホテルの食事を出してくれた女性の笑顔と感じの良さ、駅前のバス案内所の女性の親切と穏やかな会話には和みました。ホテルはルートインホテルです。まずまずのホテルだと思います。夕飯はホテルのレストランで落ち着きました。街には居酒屋ばかりという印象でした。

★場所の情報など

世界遺産 平泉 ひらいずみナビ-平泉観光協会:http://hiraizumi.or.jp/heritage/

毛越寺:岩手県西磐井郡平泉町平泉大沢58

毛越寺公式サイト:http://www.motsuji.or.jp/

中尊寺:岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202

中尊寺公式サイト:http://www.chusonji.or.jp/

悠久の湯:岩手県西磐井郡平泉町平泉字大沢1-1

悠久の湯 平泉温泉 - 平泉町ホームページ:http://www.town.hiraizumi.iwate.jp/index.cfm/25,0,125,271,html

水沢駒形神社:岩手県奥州市水沢区中上野町1-83

駒形神社公式サイト:http://komagata.iwate.jp/

三碧木星の私にとっての方位:北東。年四緑、月四緑、日一白。

カメラはCanon PowerShot SX150IS。

平泉駅の西方向に毛越寺、西北方向に中尊寺があります。悠久の湯は毛越寺の東北方向。

OTHER SNAPS